超ダメージヘア ヘアケア方法

超ダメージヘアの失敗しない【ツヤ髪ヘアケア方法】

頭皮を清潔に保つだけで、髪のトラブルは回避できる!

清潔な頭皮は健康な髪のためにとても重要です。ですが、強力なシャンプーを使ったり、一日に何度も洗って皮脂を取りすぎてしまうと、肌荒れを起こしたり、かえって皮脂を分泌しようとして脂性肌になってしまい、髪にも悪い影響を与えてしまいます。皮脂は乾燥などのトラブルから肌や頭皮を守るために分泌されるものなので、一日一回寝る前の洗髪をおすすめします。

頭皮を清潔にたもつための洗い方

ぬるま湯で髪と頭皮をよくすすいで汚れを落とします。

 

シャンプー前に蒸しタオルで髪を包んで蒸すとガンコな皮脂汚れが落としやすくなります。シャンプー剤を手に取り、水分を加えてよく泡立たせてから髪と地肌にシャンプー剤をなじませます。指の腹で横と後ろの頭皮を下から上へゴシゴシ軽く洗います。頭頂部分は円を描くようにもみ洗いします。髪が長い場合は、手グシでとかすように洗います。

 

すすぎが一番大切です。泡を落とすだけではなく、頭皮のシャンプー剤をきちんと落としきらないとトラブルの原因になります。

 

トリートメント剤は頭皮に付かないように注意しながら髪になじませます。硬くしぼった蒸しタオルかシャワーキャップで髪を包み、お湯につかります。あたたまることでトリートメントが浸透しやすくなります。5分以上たったら完全にすすぎ流します。リンスの場合は放置する必要はないので、よくすすいで、完全に落とします。

 

ダメージヘアを放っておくと髪にまとまりがなくなり、キレイに決まらなくなってしまいます。ダメージヘアは今すぐ修復しなければなりません!「・・でも、忙しくってへアケアしている時間もない・・」

これって絶対NG!

女性の髪は乾燥によるトラブルが多く、頭皮ケアをしっかりと行い、頭皮を乾燥から守る事で髪トラブルを予防する事ができます。

このケアを怠ると・・、毛穴が詰まって抜け毛や脱毛が増えたり、頭皮が潤わないので髪にも栄養が行き届きにくくなって切れ毛や枝毛などのトラブルの原因にもなっちゃいます。

髪についた整髪料を落とすのはもちろんですが、頭皮や毛穴の汚れを落とすことも意識していますか?頭皮に汚れやシャンプーなどが残っていると「かゆみ、拭け、湿疹」などの頭皮トラブルにも繋がってしまいます。

一度、傷んだ髪の切れ毛や枝毛を全く元通りに修復する事は簡単には出来ません。

でも、頭皮ケアをしっかりとする事で、髪の健康状態が回復し、ダメージに強い髪へと変わってくれますよ。

頭皮を清潔に保ち、美髪を維持するための生活習慣

美しく健康的な髪は、年齢を若く見せるだけではなく、身だしなみが整った印象を与え、清潔感が感じられ好印象を与えます。

しかし、髪は熱や紫外線、乾燥などで傷つきやすく、髪の表面を覆うキューティクルがダメージを受けると髪は細くなり簡単に切れるようになってしまいます。髪は生きた細胞ではないので、健康的な髪を維持するのは髪の根元部分です。

美髪を維持するためには、髪を作り出す頭皮のケアが重要になってきます。

それには、シャンプーやコンディショナーで髪や頭皮をケアするとともに、身体の健康維持が大切です。シャンプーのときは十分に泡立てて毛穴に詰まった皮脂や汚れをよく洗浄し、シャンプーが毛穴に残らないようしっかりすすぎを行います。

ぬれた髪はこすらずにタオルで叩いたり絞るように拭き取ります。ブラッシングは毛先から少しずつとかし、根元までもっていきます。

健康な髪を生み出すために、適度な運動や気分転換をしてストレスをためないようにし、栄養バランスが摂れた食事を心がけ、夜更かしをしないようにしましょう。

紫外線が強い季節は通気性のいい帽子をかぶるなど、紫外線を防ぎつつ、蒸れないように注意します。髪の健康はまず身体の健康からですよ。

超ダメージヘアをツヤ髪に戻すための、基本ケア3つのポイント

1.頭皮を清潔に保つ
2.地肌ストレス解消
3.エイジング対策

清潔な頭皮は健康な髪のためにとても重要です。ですが、強力なシャンプーを使ったり、一日に何度も洗って皮脂を取りすぎてしまうと、肌荒れを起こしたり、かえって皮脂を分泌しようとして脂性肌になってしまい、髪にも悪い影響を与えてしまいます・・・>>続きを読む

乾燥、べたつき、かゆみ、フケなどの頭皮のストレスを地肌ストレスと言います。特に女性は悩みがある人が多く、8割以上の人が悩みを抱えているという結果が出ています。地肌ストレスの原因は、何度も繰り返す・・・>>続きを読む

髪も肌同様に、年齢を重ねるにつれて衰えていきます。しかも、髪が与える印象は肌の衰えよりも大きいのです。10代~60代を対称としたアンケートによると、30~40代になると、それよりも若い世代に比べ・・・>>続きを読む